病気って、どうして週末が多いのでしょう。

確かに、平日の間、仕事や、学校・幼稚園でがんばって、その疲れがドっと出てくるのかもしれません。

または、責任感の強い人の場合、病気するなら休日だ!と体の中に埋め込まれているのかも、と思わされることもあります。

我家もそうです。

特に夫は、土曜になって高熱を出すことが多いのです。

すぐに病院に行けたならいいのですが、午前中はそうでもなくて、午後から本格的に調子が悪くなって場合、難しいです。

時間外診療所は、電車に乗って行かなくてはなりません。

あるいは、私が車の運転をすればいいのですが、できないので、タクシーになってしまいます。

そうすると、とりあえず寝て治そうと思うらしく、タクシーまでは使いません。

そうして、病院が必要になるのは、日曜日のことが多くなるのです。

でも、地元には、いくつか日曜診療をしている病院があります。

なので、週末だからといって、焦る必要がなく、本当に助かっています。

駅前までは、ある程度熱があっても、夫も歩いていけますしね。

お医者さんには休んで欲しいですが、バランスよく、休日診療があるよう、どの科も調整してくれたらいいのに、と思ってしまうのです。