愛車を売るとき、さらに愛車の下取りのさいも印鑑証明が必要になってきます。

この印鑑証明という書類に関して説明しましょう。

印鑑証明書とはある印鑑に対して、それが実印で間違いないということを保証するためのものです。

この書類がない場合には、その印鑑が実印で間違いないという事実がわかりません。

大きなお金が動く商談になる車両の売買なので必然的に実印が必要ですが、それと一緒に印鑑証明というものが出てきます。

印鑑証明書を交付してもらうためには、その前に印鑑証明をしなければなりません。

登録する印鑑は普通、実印と言われ世界で唯一の判子である必要があります。

この印鑑を準備してお近くの役場の取次ぎ所に行くことで、印鑑登録できます。

手続きが済むと、印鑑登録カードなるものが発行され、印鑑登録をしたはんこは実印ということになります。

印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を交付してもらうには役場の取次ぎ所へ行き専用の書類に必要事項を書き込んで印鑑登録カードを持って行く必要があります。

さらに、自動交付機でも印鑑証明を発行することができます。

印鑑証明そのものには期限切れなどはありません。

そのためいつ取得した印鑑証明であっても証明書としての効力は消えないということになります。

しかし中古車買取の時は効力のある印鑑証明は三ヶ月以内に交付されたものでなければ無効になります。

通常は有効期限などはないのですが、買い取りのときには、買い取り先が必須となる有効期限を決めているのでクルマ買い取りを検討している場合は、事前に手元に置いておく必要があります。